2005年10月04日

日々の虎とドラフト雑感

 さて、劇的な優勝を決めた後もタイガースは好調なようで
ある。最後のロードとなる神宮三連戦も初日こそ負けたが、
残り二試合を快勝。打線が好調を維持している上に、戦列を
離れていた安藤が戻ってきて5回を零封、6回に打ち込まれた
ものの、日本シリーズに向けて順調な調整ぶりをうかがわせた。
さらに杉山も6回をピシャリ、JFKにつないで完封勝利とこち
らも楽しみな内容である。そういえば今岡が146打点目をあげ、
初代ミスタータイガースの藤村富美男氏が持つ球団記録に
並んだ。残り二試合に新記録の期待がかかる。
 リーグ制覇後も傲ることなく、日本シリーズに向けて準備
万端といったところで頼もしいかぎり、まさしく「怖いのは
村上ファンドだけ」といった状態になってきた。
続きを読む
posted by よろず主人 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(7) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

トラの聖地に正義降臨

 涙はなかった。ウィニングボールをグラブにおさめた
金本のくしゃくしゃの笑顔、そしてマウンドに集まる
笑顔、笑顔…。思えばこの一年、苦しいときをいつも
笑顔で乗り越えてきたような気がする。
 連続フルイニング出場を続ける金本が頭部にデッド
ボールを受けたとき、スタンドが凍りつく中、ちょっと
はにかんだような笑顔を見せた。デッドボールといえば
杉山投手の満面の笑みも忘れられない。そしてなんと
いっても、「あの試合」で見せた将の笑顔―その笑顔で
「もうむちゃくちゃやったれ」と、判定に対する怒りを
あらわにしていた。竹中直人の「笑いながら怒る人」か、
アンタは!…しかし、その笑顔でチームがもう一度、
一つになった。
 今、祝勝会の映像を見ながら、胸にこみ上げてくる
ものはたくさんあるのだが、とりあえずは今日の試合を
振り返ろう。
続きを読む
posted by よろず主人 at 01:57| Comment(11) | TrackBack(100) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

王手!

 9月28日、阪神vs.読売戦。
 初回、読売が三者凡退に倒れた後、阪神が猛攻を見せた。
まず、赤星が珍しい三塁側への三塁打で出塁すると、まずは
鳥谷がセンターへタイムリー。ケガから復帰したシーツが
自ら祝福安打を放つと金本もつきあいよく続いてあっさり
満塁。今岡が2点タイムリー。スペンサーがきっちり選んで
再び満塁、矢野がこれまたきっちり犠牲フライを打ち上げ、
さらには井川、赤星にも連続タイムリーが飛び出して、いき
なり6点を先制。試合の主導権を鷲づかみにした。
続きを読む
posted by よろず主人 at 22:30| Comment(13) | TrackBack(106) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虎よ、Vロードを走り抜け!

 ずいぶん長いこと更新をさぼってしまった。最後の更新が
8月28日だったので、ほぼ一ヶ月更新しなかったことになる。
その間に阪神タイガースは待望の優勝マジックが点灯、順調に
減らして今やマジック3。最近のファンの話題は「その日」が
いつかということに集約されつつある。ま、今日は村上ファンド
さんが別の話題を提供してくれたけれど。
続きを読む
posted by よろず主人 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

猛虎は死せず

 11年ぶりの超気ロード勝ち越しを決めたとはいえ、広島に
負け越してしまった阪神タイガース。8月26日から甲子園に
戻り、読売ジャイアンツとの三連戦を迎えた。

 8月26日 ベテランの闘魂に屈す

 いわゆるローテーションの谷間となった阪神は今季初先発
のダーウィンをたてた。対する読売の先発は工藤。これを
見ただけで、かなり苦しい展開になるのは仕方ないと思える
ところだったが、予想以上に苦しい展開に―。
 4回2失点のダーウィンは決して悪くはなかったと思う。
少なくても、彼の現状としてはほぼベストピッチではなか
ったか。ただ、読売・工藤の若々しささえ感じさせる攻めと
ベテランらしい駆け引きの巧さが光るピッチングを上回る
ことはついにできなかった。加えて、5回から登板した江草が
いきなりの2失点。継投は予定通りだろうが、この失点は予定
には入っていなかっただろう。結局、気合に満ち満ちた投球で
6回を零封、見事に試合をつくった42歳の左腕を素直に讃えて
明日に向かうしかないか…。
 続きを読む
posted by よろず主人 at 22:47| Comment(15) | TrackBack(82) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

鯉が虎を釣る

 11年ぶりの長期ロード勝ち越しをめざして広島に乗り込んだ阪神
タイガースだったのだが…。
 
 8月23日 バカづき人生まっしぐら!
 
 広島先発の大竹はいきなりフォアボールを連発する苦しい立ち上
がり。それでも初回を0点でしのぐとその裏、嶋がソロホームラン
を放ち、1点先制。
 それに対し阪神は直後の2回、二つのフォアボールで得た二死一
、二塁のチャンスでワンスリーから打って出た赤星の打球はショー
トゴロ…と思いきや、大きくイレギュラーし、レフト前タイムリー
に。今日はついてる…いやむしろ憑いてる!これも先発のあのお方
のおかげ?
 さらに3回、怒涛のラッキー(カープにとっての悪夢)は続く。
金本、今岡の連続安打で一死一、二塁となったところで大竹がワイ
ルドピッチ、これをキャッチャー倉があわてて三塁に悪送球。これ
で2対1と勝ち越してしまった。大先生の悪運はもはや、不吉霊三郎
の域に達したのか…。
続きを読む
posted by よろず主人 at 15:27| Comment(4) | TrackBack(33) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

飛燕撃墜ス

 高校野球も無事に全日程を消化、あと六試合で長期ロードも終わり
となる阪神タイガースは神宮に乗り込んでヤクルトとの三連戦を迎え
た。

 8月19日 うわはははっ!負けちまったい!
 
 柳に雪折れなしというが、やはり木だけに炎には弱いのか―阪神
は先発の下柳が大炎上。初回、ラミレスの先制ツーランに始まって
、2回には7安打を打たれ6失点、早々に降板してしまった。
 こうなると試合は完全にヤクルトペース。阪神は今岡のソロホー
ムランで1点を返すものの、結局12対2の大敗を喫した。
 とはいえ、このところ出ずっぱりだったJFKを久々に休ませ、ダー
ウィン、太陽をチェックできたし、矢野も途中から休ませた。また、
中日ドラゴンズもおつきあいしてくれたとなれば、さほどダメージは
なかったかもしれない。
 
続きを読む
posted by よろず主人 at 22:13| Comment(16) | TrackBack(90) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

阪神特急再加速!

 高校野球のため甲子園が使えないとはいえ、大阪ドームに横浜
ベイスターズを迎え、久しぶりの主催試合となった阪神タイガース。
地元での試合、意地でも勝ち越していきたいところだ。

 8月16日 ぶつかりあう意地と意地
 
 阪神・井川、横浜・三浦の先発で始まったこの試合、4回に横浜
が1点を先行するが、その裏、すかさず藤本が同点タイムリー。
 その後、両投手が好投、ともに8回を投げて1失点。その後も双方
のリリーフ陣がふんばって結局1対1の引き分けに。とはいえ、9回
のサヨナラ機を逸したのは痛かった。ただ、前回、中日戦でふがい
ないピッチングを見せた井川が結構がんばってくれたのはホッとした
ところだった。これからシーズン終了まで、気持の入ったピッチング
を続けてほしいと思う。
続きを読む
posted by よろず主人 at 00:08| Comment(5) | TrackBack(76) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

ワールドカップ予選一位通過!

 ドイツワールドカップアジア最終予選、日本vs.イラン戦は
横浜・日産スタジアムにてキックオフ。
 今日のツートップは玉田と大黒。開始から果敢にイラン
ゴールに攻め込むが、なかなかネットを揺らすことができない。
しかし前半28分、左サイドを攻め上がった玉田がグラウンダー
のクロスを出し、それを大黒がスルー、加地が詰めてゴール!
幸先よく日本が先制した。加地は代表の試合で、あんまりいい
ところを見た記憶がないのだが、今日は決めてくれた。
続きを読む
posted by よろず主人 at 23:04| Comment(25) | TrackBack(64) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

やられてもやられても立ち上がれ!

 中日との三連戦に勝ち越した阪神タイガース。現在5位の読売
ジャイアンツとの試合で一息つけるはずだったのだが…。

 8月12日 逆転の虎改め同点止まりの虎

 初回、鳥谷のツーランで幸先よく先制したタイガースだったが、
その後の二死一、二塁のチャンスは生かせず、逆に4回、仁志の
ツーランで同点にされる。さらに6回に阿部のタイムリー、7回に
二岡の犠牲フライが出て、4対2とリードを許してしまう。
 しかし直後の8回、金本が起死回生のツーランで試合を振り出し
に戻した。こうなると逆転勝利を目指して勝ちパターンのFJKを
投入したのだが、延長10回、久保田が二岡にサヨナラ弾を浴びて
THE END。阪神・下柳、読売・工藤の両ベテランが先発した試合
だったが、三併殺で要所を締めた工藤に軍配が上がった。
続きを読む
posted by よろず主人 at 22:46| Comment(12) | TrackBack(89) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。