2005年06月20日

交流戦の向こうに

 約一ヵ月半にも及んだ交流戦も全日程を終了、MVPと日本
生命賞が発表された。
 MVPは千葉ロッテの小林宏之投手、日本生命賞には阪神の
金本知憲選手、西武の中村剛也選手の二人が選ばれた。
いずれも交流戦で活躍した選手。活躍した選手は他にもたく
さんいるが、まずは納得と言ったところではないだろうか。
 そして、交流戦に関して、興行として見た場合、パリーグ
全球団でリーグ戦より観客増、物販や放映権収入なども含めて
大きなプラスになったという。対するセリーグでリーグ戦と
比べて観客増となったのは広島、読売の二球団だけということ
で、おおむね少し複雑な心境ということのようだ。それは豊蔵一
セリーグ会長の「大きな意味でおおむね成功」という微妙な
言い回しからもうかがえる。
 だがこの結果はある程度、予想できたことではないだろうか。
人気ナンバーワンの読売ジャイアンツが交流戦で観客が増えた
のは少し意外な気もするが、始まる前は最下位だったのが交流
戦で活躍、どんどん上との差を詰めて最下位脱出まで来たの
だからうなずけないことではない。そもそも、交流戦が実現した
経緯というのが、昨年の球界再編問題を受けて、(主に)パ
リーグの人気増強を目的として考えた末にできたということ
なのだから、セリーグはちょっと我慢、パリーグは利益増という
ことになって然るべきである。ただ、現時点で成功とか失敗とか
断じるのはまだ早いとも思う。
 交流戦の実現で、「テレビカメラの前で」躍動したパの選手
たちを見るためにファンが押しかけ、今後のリーグ戦においても
パの観客動員が増えていって初めて成功といっていいのではない
だろうか。
 そして、来季以降に向けて、すでに試合数や開催時期について
議論が始まっているようだが、ファンの立場で言うと、すでに
三試合ワンセットという形式に慣れ親しんでおり、それでホーム
&アウェーにするのなら、今季の試合数から減らすのはちょっと
無理ではないかと思う。ついでに開催時期についても僕の意見を
いっておくと、さすがに交流戦の勝ち負けで最終的な優勝チームが
決まってしまうと納得できない感が強いと思うので、その時期は
避けてほしいし、オールスターゲームを新鮮な気持で見るためには
その時期は外してほしい。となると、現行の体制が一番無難な線
かな、と思っている。
 さて、少し話がずれたが、毎年、一定試合数の交流戦が組まれる
となれば、セもパも区別なく、他の人気球団に頼っている球団は
だんだん興行的に先細っていくのではないだろうか。そして、他の
チームではなく、自球団の人気を高めていく努力をし、結果を出した
球団だけが生き残っていけるような、そんな時代がもう目の前に
来ているように思う。交流戦がもたらしたものを本当に理解して
いるのはどの球団か、来年以降ハッキリしてくるのだろう。それが
楽しみでもあり、恐ろしくもある。12球団全てがそれぞれに人気を
あげて、球界全体が大きく繁栄していく姿を望んでいるし、それが
交流戦の理念でもあるはずだ。各球団の経営陣のがんばりに期待
したい。


   

コエンザイムQ10入りのせっけん マジカルシンデレラQ10


必見!家電の価格比較サイト上記ランキング社!


コネなし、金なし、学歴なし田舎OL26歳、ゼロからの成功法則


アフィリエイトはエーハチネット


posted by よろず主人 at 21:36| Comment(2) | TrackBack(8) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
時期の分割案は実現する可能性が
高そうですね。
連休明けと夏休み中が無難な感じもします。
あとは地方球場での開催をもっと増やしたり、
交流戦限定イベントもいろいろ考えていって
ほしいですね。
Posted by 虎哲 at 2005年06月21日 12:04
 虎哲さん、コメントありがとうございます。
 ファンの間でもちょっと長いという声もありますし、時期の分割はありそうですね。ただ、夏休み期間中はいわゆるかきいれ時なのでしょうし、そうなるとセの球団は嫌がるでしょうねぇ(苦笑)。そのあたりのセとパの綱引きもこれから気になるところです。
 今年は、千葉ロッテのマー君が甲子園にやってきたり、オリックス戦では往年の名選手が対決したりといろいろ楽しいイベントもありましたよね。来年ももっともっと楽しませてほしいです。とりあえず、甲子園もSHINJO様、かぶりものオッケーということでお願いしたいです(笑)。

Posted by よろず主人 at 2005年06月21日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

プロ野球はジャイアンツ至上主義からタイガース中心へ
Excerpt: 交流戦の観客動員数、発表になりましたね。やはり我がタイガースの観客動員数が堂々の1位でした。しかしタイガースの交流戦主催試合の動員数は残念ながら減少、同様にセリーグの各球団は軒並み平均動員数が減少でし..
Weblog: tanachan日記
Tracked: 2005-06-20 22:03

交流戦を終えて。
Excerpt: 日本プロ野球界初のセ・パ交流戦。本日で無事終了となりました。 現時点で横浜−楽天の1ゲームだけ残っていますが、結果はセ103勝・パ105勝・7分。ほぼ互角の戦いであったと言っても過言ではないでしょう。..
Weblog: マルの素
Tracked: 2005-06-20 23:15

1リーグ制阻止したければ、セリーグは努力が必要
Excerpt:  共同通信社が実施した調査では、交流戦が「面白いと思った」のは63.9%、「面白いと思わなかった」のは7.0%という結果だったそうだ。
Weblog: SEABLOGスポーツ
Tracked: 2005-06-21 07:53

そうだ、阪神をパリーグにやろう!
Excerpt: 交流戦が終わったザーマスね。ミーが秘かに恐れていた通り、1リーグ制への意図が見え隠れし始めた気がするのは、ミーの被害妄想?そこで考えたザーマス!
Weblog: シボンヌの館
Tracked: 2005-06-21 10:12

交流戦を振り返る
Excerpt: 交流戦勝敗表 位        勝 負 分 1 ロッテ    24 11 1   2 ソフトバンク 23 12 1   3 阪 神    21 13 2   4 巨 人    18 14..
Weblog: THE MIDDLE WAY ??競馬、野球、音楽のブログ??
Tracked: 2005-06-21 14:51

【プロ野球】交流戦
Excerpt: プロ野球交流戦は18日、雨天中止分の2試合を行い、両リーグの対戦成績はパが105...
Weblog: WEBLOG TYPE
Tracked: 2005-06-21 22:15

交流戦で損をした横浜
Excerpt: GW明けから続いていたセパ交流戦も終わり、明日から通常のペナントレースに戻る。 初めての試みであり、いろいろ賛否があるのは当然ではあるが、各マスコミの特集記事を見る限りでは、おおむね順調であったとい..
Weblog: 田無の日記帳
Tracked: 2005-06-23 02:50

2005 セパ交流戦総括
Excerpt: 一ヶ月以上に渡って行われたセパ交流戦は千葉ロッテマリーンズの優勝で幕を閉じました。 投手成績ベスト10に渡辺俊、小野、清水、久保が入り、5勝無敗でMVPを獲得した小林宏と万全の先発陣を前面に圧倒的強さ..
Weblog: 戦略的プロ野球Blog
Tracked: 2005-06-23 19:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。