2005年02月20日

ニュース報道はなぜ寒いのか

 最近、テレビでニュースを見ていて、何を言いたいのか
サッパリわからないことがたまにある。
 たとえば、大阪府寝屋川市で小学校を襲撃した若者が
小学生の頃書いた作文がどのニュースでも紹介されていたが
なんだってそんなことを報道するのだろう。多くの人が知り
たいのは、なぜ犯人があのような凶行に及んだのか、という
ことであって、彼が子どもの頃何になりたかったのかという
ことではないはずだ。
 もちろん、番組を制作している側も、視聴者のニーズは
ある程度、把握しているはずだろう。事実、この作文を紹介
した番組では、同時に(犯人の)かつての同級生に対する
インタビューなども流している。誰しも一度くらいは見たで
あろう、引きこもりみたいで暗かった、とか言ってるやつだ。
先に挙げた作文、例のゲーム雑誌の編集者かゲームクリエイ
ターになりたいというやつと連続して見ると、殺人の原因は
ゲームのやりすぎだと言わんばかりなのだ。だが、そういう
結論めいたことは何も言わない。結局、「言わんばかり」で
終わってしまうのだ。
 もちろん、番組を制作している側も、視聴者のニーズは
ある程度、把握しているはずだろう。事実、この作文を紹介
した番組では、同時に(犯人の)かつての同級生に対する
インタビューなども流している。誰しも一度くらいは見たで
あろう、引きこもりみたいで暗かった、とか言ってるやつだ。
先に挙げた作文、例のゲーム雑誌の編集者かゲームクリエイ
ターになりたいというやつと連続して見ると、殺人の原因は
ゲームのやりすぎだと言わんばかりなのだ。だが、そういう
結論めいたことは何も言わない。結局、「言わんばかり」で
終わってしまうのだ。
 その点、今日の「サンデージャポン」はこの作文を紹介
しつつ、犯罪と「ゲーム脳」との関係を示唆していて、おも
しろかった。実際問題として、この指摘が正しいかどうかは
ともかく、犯人が小学生のときに書いた作文を元に、殺人に
至った理由を解き明かそうとしていたところに、とりあえず
意味があったと思う。
 それだけに、他のニュースはなぜ「言わんばかり」で終わ
ってしまうのか、と思う。そもそも、ハッキリしたことは
言わなくても、犯人が小学生の頃に書いた作文は他にもいろ
いろあるはずで、この作文をチョイスしたこと自体、ある種の
意図に基づいてのことであるはずだ。逮捕された直後、犯人の
若者は取調べに対し、なかなか口を開かなかったが、事件が
大きく、それなりのニュースバリューがあるので、尺はそれ
なりにとってあるため、作文などを流してお茶を濁したのが
原点ではなかろうかと僕は思っている。
 おそらく、犯行そのものと、犯人の若物がゲームに熱中して
いたことを結びつけることがステロタイプ的な見方だという
ことを制作側もわかっているのだ。わかっているけど、他に
これといった切り口があるわけでもなく、結局のところ、
ああいう何が言いたいのかよくわからない報道になるのだろう。
 今のように、次々と大きな事件が起きている現状では難しい
かもしれないが、一つの事件について、識者がもっと掘り下げて
語ってくれるような報道がもっとあってもいいんじゃないのか、
という気がする。なんとかならないものだろうか。
posted by よろず主人 at 22:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕はあの作文からは犯行の動機は
見えないと思います。むしろ彼の
知的レベルの高さがわかりましたね。
単なるゲーム好きではなく、小学生
のレベルとはいえ具体的に夢を語ってた
わけですから。

ゲームやり過ぎて生活が乱れていく子供
なんていっぱいいるわけですよ、今は。
それがどうして殺人にまで至るのか、は
まだ距離があるかと。
Posted by 虎哲 at 2005年02月21日 19:49
 虎哲さん、コメントありがとうございます。
 おそらく、あの少年自身、自分がなぜああいうことをしたのか、うまく説明できないのではないでしょうか。小学生の頃、いじめに遭っていたのを見過ごされたとか言ってるようですが、現実のことではないようですし、おそらく、彼の人格形成自体が、そういうどこかで聞いたような紋切り型を継ぎはぎするようにして行われてきたのではないでしょうか。犯行の動機なんて、あってないようなもんだろうな、とそんな気がします。
Posted by よろず主人 at 2005年02月21日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2048748

この記事へのトラックバック

あれから一週間
Excerpt: 寝屋川の教職員殺傷事件から一週間が経った。 現地に職場を持つ僕としては、まさにその後に 起こった変化を目の当たりにすることができる。 僕の職場というのは、教員ではないが学校に出入りする 仕..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2005-02-21 20:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。