2005年02月06日

LOVERS〜謀〜 雑感

 最近、DVDで「LOVERS〜謀〜」を観た。ロードショー
当時、観たかったけど何かと忙しくて観られなかった
のだ。一昨年は結構、映画を観に行ったが、去年はなか
なか観られなかった。
 それはさておき、同じチャン・イーモウ監督の「HERO」
がよかったので、かなり楽しみにしていたが、僕の感想は
前作「HERO」の方が良かったかな、というものだ。
 主人公をジェット・リーがつとめた「HERO」に比べ、
アクションシーンがややスケールダウンした感がある
のは仕方ないところだが、結局のところ、主役三人の
三角関係に物語が収斂してしまい、時代背景や飛刀門の
存在に特に意味が感じられない。ストーリー的にもスケ
ールダウンだ。
 とはいえ、ワダエミの衣装デザインは今回もさすが
だし、ロケ現場を含めて、画面の美しさは今回も圧倒的。
ただ、家庭用のテレビでは素晴らしい紅葉や林の緑は
色が飽和してしまっているようにも見え、少々残念だが。
 あと、アクションはジェット・リーと比べてはいけない
が、飛刀という武器(小刀を手裏剣のように投げて使う
感じ)を巧みに使って、印象的な場面を多く構成して
いる点は見ごたえも面白みも十分ある。
 ただ、謀というサブタイトルをつけたのと、宣伝で
「騙しあい」の要素を強調していたのはどんなものか。
素直にストーリーを受け入れながら観るならともかく、
物語の背後でなんらかの陰謀が動いているのだと最初から
疑いながら観ると、正直、劉の正体はバレバレなのだ。
僕はその上に、実は小妹が飛刀門の頭目だったという
オチを期待していたのだが、少々深読みが過ぎたよう
だった。結局のところ、飛刀門の組織の内実については
まったくわからないし、唐王朝と飛刀門がどう関わって
いったのか、まったく語られないのも不満が残る。
 全体としては悪くはないのだが…ちょっと期待したの
とは違う方向だったかな、という気はする。

   ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
  
posted by よろず主人 at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
haruです。
この映画、公開初日に妻と行きました。
入り口で例のチャン・ツィイーがCMに出ているシャンプーのサンプル版が配布されていた。冒頭のチャン・ツィイーの太鼓を鳴らす踊りは最高だった。しかし、<結局のところ、飛刀門の組織の内実についてはまったくわからないし、唐王朝と飛刀門がどう関わっていったのか、まったく語られないのも不満が残る>全く同じ印象を持ちました。確かにそういう先入観が無ければ楽しめましたね。アンディ・ラウは初めて見ましたが、とても気に入りました。映像はとても綺麗でした。
Posted by haru at 2005年02月12日 08:36
 haruさん、コメントありがとうございます。
 映画館でご覧になったんですね。大画面だと迫力も凄かったと思います。
 「先入観が無ければ楽しめ」るというのはそうだと思います。僕は前作の「HERO」を観ていたせいか、歴史ものだという思い込みがあって、そういう意味ではちょっとスカされた感がありました。
 でも、映像の美しさは一種独特かつ圧倒的でしたね。
Posted by よろず主人 at 2005年02月12日 14:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1848268

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。