2006年04月17日

書評:ダ・ヴィンチ・コード

 微妙に今さら感もあるのだが、文庫化されたのをきっかけに
読んでみた。推理小説(ミステリィ)として見たときに結構、
ツッコミどころもあるのだが、なかなか楽しませてくれる力作で
ある。
 小説を含め、あらゆる芸術ジャンルでエポックメーキングな
作品というものが存在する。最近の映画では、映像表現という
点において、マトリックスシリーズがそうだと思うのだが、この
小説は僕にとって、かなりストライクに「マトリックス以後」と
いう印象が強かった。
 その理由はいろいろある。たとえば、最初、知らぬ間に危機に
陥っている主人公が渡された携帯電話で危機を知り、逃れようと
する展開も似ていると言えば似ているし、延々と議論が続く
場面とアクションシーンを交互に繰り返すのも似ているといえば
いえるだろう。
 だが、僕が一番その思いを強くするのは、主人公が己の身に
迫ってくる"リアル"な危機を抜け出すために繰り広げる、まさに
一難去ってまた一難の現実世界の冒険と、歴史や美術作品の
解釈をめぐって展開される知的冒険との二重世界を巧みにからめ
ながら描いている点、それと、圧倒的なまでに"喩"を積み重ねる
表現手法、そこからくる一種独特のグルーヴ感といったものだ。
 世界を複眼的に視、喩(あるいはまた、この作品にあわせて
"象徴"と言い換えてもいいだろうが)の積層として世界を語る
試み、それも映像に頼らず、言語表現でここまでやった力業には
ただただ驚嘆するばかりだ。本作にはもちろん、小説としての
結末は用意されているが、ここに導いてくることが主眼なのでは
ないだろう。書き手が読み手を、真に導き入れたいのは歴史、
なかんずくヨーロッパの精神史を彩り形作ってきた喩の迷宮で
あり、その迷宮を旅する知的冒険の世界であるはずだ。そして
その旅の向こう側で、人は「心を解き放つ」ことができるのかも
しれない。



  

ロリポップのドメインは選べる全85種類!!


今話題のオンライン証券、始めるならE*トレード証券へ!


⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


さらさらスープで1週間4キロダイエット!?




【関連する記事】
posted by よろず主人 at 22:16| Comment(2) | TrackBack(9) | コミック・書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
実はこの度ブログ消すことになりましたので
リンク外していただきたく
ご挨拶にやってまいりました。
今までコメントやTBありがとうございました。

また余裕が出来たら始めるかも知れませんし
コチラにはこれからもオジャマさせていただくかも知れませんので
今後ともよろしくお願いします。
Posted by もり at 2006年05月05日 23:41
 もりさん、コメントありがとうございます。
 わざわざご連絡いただき、本当にありがとうございます。こちらこそ、今までお世話になりました。
 先ほど、リンクをはずしました。なんだか寂しいです。もし復活されたら、ぜひお知らせください。また一緒にわいわいやりましょう。
 今後とも、よろしくお願いします。
Posted by よろず主人 at 2006年05月07日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16698167

この記事へのトラックバック

「ダ・ヴィンチ・コード」(上・中・下) ダン・ブラウン
Excerpt: 「ダ・ヴィンチ・コード」(上・中・下) ダン・ブラウン お薦め度:特選 ☆☆☆☆☆ 2006年4月19日読了
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2006-05-07 20:00

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: やっと読み終わりました。 同僚に「おもしろい」ということで、ずいぶん前から借りていたのですが、先が思いやられるほどの厚さ・・・ なかなか手をつけることができなかったんです・・・(言い訳) そ..
Weblog: お気楽で行こう!
Tracked: 2006-05-07 23:42

「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン / 訳 越前敏弥
Excerpt: この本のおかげで、私の生活時間が乱されました。 元々乱れているけれど、さらに。 世界中でベストセラーになるのも納得かな。 この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、全て事実に基づ..
Weblog: テンポ。
Tracked: 2006-05-08 00:50

『ダ・ヴィンチ・コード』
Excerpt: 図書館で借りた『ダ・ヴィンチ・コード』を読む。 キリスト教の聖杯伝説、テンプル騎士団、シオン修道会、レオナルド・ダ・ヴィンチの<最後の晩餐>を巡る秘密など、知的好奇心をくすぐる作品で、読んでいて純粋..
Weblog: 時流を聴く
Tracked: 2006-05-08 00:53

「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン
Excerpt: えーっと、以前この作品、「映画を先にするか原作を先にするか」で悩み、 皆様のご意見をうかがったところですが、たくさんのアドバイス、 どうもありがとうございました。 早速読んでみたら面白い..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2006-05-08 01:24

『ダ・ヴィンチ・コード』 ダン・ブラウン
Excerpt: ようやっと話題作を読了。「読みたい!」と思ってからほぼ一年、その間にあっという間に世間を席巻する一大ムーブメントになってしまったのには驚いた。 というのもキリスト教の消された伝承や聖杯の謎など、個人..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】 by Excalibur
Tracked: 2006-05-08 06:21

●文庫本の上中下
Excerpt: この前買った「ダ・ヴィンチ・コード」 3~4ページ読んで、ふむ・・これは引き込まれるな・・という予感のまま・・ その後まったく読んでない。 …( ̄◇ ̄;) して。..
Weblog: 働くママ♪手抜きでナイスなお洒落日記♪
Tracked: 2006-05-08 08:19

ダ・ヴィンチ・コード 下巻
Excerpt: 《ダ・ヴィンチ・コード 下巻》 ダン・ブラウン著 越前 敏弥訳 角川書店発行
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2006-05-08 20:10

ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン
Excerpt: 「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。 キ..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-06-14 01:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。