2005年01月09日

さよなら、おばちゃま

 いきなりの訃報である。小森のおばちゃまという愛称で
親しまれた、映画評論家の小森和子さんが亡くなられたと
いう。1月8日午前1時42分、呼吸不全のためだという。
 最近、見てないなぁと思ったら、十数年前から仕事はやめ、
自宅で療養していたということだった。ということは、その
頃からすでに具合が悪かったのだろうか。享年95歳という
ことなので、一応、天寿を全うされた形だが、長い間、
苦しまれたのかもしれないと思うと胸が痛む。また、実際に
テレビなどで見なくなって久しいが、亡くなられたとなると
やはり寂しい気持になる。そういえば、映画評論という
ジャンルで新人っているのだろうか?僕は知らない。後、
印象に残っている映画評論家といえば、水野晴郎氏、おすぎ氏、
浜村淳氏ぐらいだ。淀川長治氏はもうずいぶん前に亡くなら
れたし…そう考えると、無性に寂しさがこみあげてくる。
 ともあれ、万人から愛された、小森のおばちゃまのご冥福を
祈りたい。

 
posted by よろず主人 at 23:31| Comment(5) | TrackBack(10) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
TB、ありがとうございます。
噂で 具合が悪いような事は聞いた事がありました。
パーキンソン病は私の祖母も同じ病気で亡くなってます。
長い自宅療養、それだけでも凄い事なんです。
こころから ご冥福をお祈りいたします。
Posted by tobby at 2005年01月10日 20:59
TBありがとうございました

1人また、日本映画全盛期を知る人がいなくなってしまいましたね。

合掌
Posted by ぶま at 2005年01月10日 22:09
 皆様、コメントありがとうございます。
> tobbyさん
 この記事を書いた当初は病名もわからなかったのですが、後にわかってから調べてみると、長期にわたって辛い闘病生活を送っておられたことがあらためて偲ばれました。ソフトなイメージで、万人から愛された方なのに、と何か悔しい思いがします。
> ぶまさん
 あとは水野晴郎さんと浜村淳さんあたりにがんばってもらうしかないですかね。それにしても寂しいです。
 あらためて、小森のおばちゃまのご冥福をお祈りします。
Posted by よろず主人 at 2005年01月11日 00:38
初めまして。書き込み有難うございました。

自分が映画好きになった理由を省みてみると、淀川長治さんと小森のおばちゃまの存在を抜きにしては考えられません。勿論、それ迄にも映画は見ていましたが、所謂”新作”ばかりでした。それが、過去の”名画”と呼ばれる物に目が行く様になったのは、彼等が優しい眼差しで愛しく語る内容に惹かれてでした。それ迄は古臭く、堅苦しい物という認識しかなかった名画でしたが、新作に脈々と受け継がれている”何か”が其処には在り、名優達の好演と色褪せない内容に魅せられて行きました。

淀川さんもおばちゃまも、基本的にどんな作品でも貶す事をせず、何処かに良い所を見出そうとしている姿が感じられ、作り手や作品に対する深い愛情を感じたものです。仕事以前に、映画が本当に好きなんだなあとも思わされました。何かこういう方が亡くなられるのは、非常に寂しいですね・・・。

これからも宜しく御願い致します。
Posted by giants-55 at 2005年01月11日 20:47
 giants-55さん、コメントありがとうございます。
 小森のおばちゃまはあの優しげな語り口が好きでした。映画に対してもそうですが、人に対しても、何に対しても、本当に暖かい目線を感じさせてくれる人でしたね。テレビに出ていなくても、生きておられるのと亡くなられるのとではやはり…同じではないですよね、絶対。どうにも寂しいです。
 最後に、こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
Posted by よろず主人 at 2005年01月11日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1535527

この記事へのトラックバック

二つの死亡記事
Excerpt: 昨日、二つの死亡記事に目が留まってしまった。共に自分にとっては、印象深い人だったからだ。一人は嘗てTV等で慣れ親しんだ存在。そして、もう一人は書籍等からの情報でのみ知っていた存在だった。 @ 小森の..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2005-01-10 03:14

おばちゃまがぁー!!。・゚・(ノД`)・゚・。
Excerpt: 「小森のおばちゃま」95歳で逝く  「小森のおばちゃま」の愛称で親しまれた映画評論家・小森和子(こもり・かずこ)さんが8日午前1時42分、呼吸不全のため東京都港区内の自宅で死去した。95歳だっ..
Weblog: ローマ帝国すぽーつ120円
Tracked: 2005-01-10 14:25

「小森のおばちゃま」亡くなる
Excerpt: 「小森のおばちゃま」の愛称で親しまれた映画評論家の小森和子さんが、8日、急性呼吸
Weblog: 心こそ大切なれ
Tracked: 2005-01-10 15:09

小森のおばちゃまにさよなら‥‥。
Excerpt: 若い方の記憶にはほとんどないでしょうけど、スパッツとタマネギ・ヘアーがよく似合う、とってもチャーミングなおばちゃまでした♪ユーモアとオシャレが溢れたトークが魅力で、テレビや雑誌での映画評論と恋愛談義も..
Weblog: 美しい姿勢とモデルウォーキングのことなら「Airaのおもしろ雑学」へ
Tracked: 2005-01-10 15:57

【おばちゃまはね…】小森のおばちゃまこと小森和子が死去【モア・ベターよ】
Excerpt: 「おばちゃま」小森和子さんが死去(nikkansports.com) 映画評論家の小森和子さん死去(スポニチアネックス) 「小森のおばちゃま」映画評論家の小森和子さんが死去(SANSPO.COM) 小..
Weblog: NOTEnet NEWS
Tracked: 2005-01-10 19:23

小森のおばちゃま逝去
Excerpt: 「このつぎはモアベターよ」はもう聞けません。
Weblog: 流れにまかせるコト
Tracked: 2005-01-10 21:23

■「小森のおばちゃま」死去@日本映画全盛期を知る人が・・・・
Excerpt: 「おばちゃま」の愛称で親しまれた映画評論家の小森和子(こもり・かずこ)さんが8日、呼吸不全のため自宅で死去した。95歳だったとの事byここ 「モアベター」という言葉は、ぶまは知りませんが。「おば..
Weblog: ぶまの見る世の中
Tracked: 2005-01-10 22:10

小森のおばちゃま死去&西川きよし息女慶事
Excerpt: ■小森のおばちゃま逝く 映画評論、人生相談、愛らしい語り口で人気(スポーツ報知) - 1月10日  “小森のおばちゃま”の愛称で親しまれた映画評論家の小森和子さんが8日午前1時42分、呼吸不全のため東..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2005-01-11 07:10

ご冥福をお祈り申し上げます
Excerpt: 1月8日、急性心不全の為、 小森のおばちゃま(小森和子さん)が、95歳で亡くなりました。 若い人は、知らないだろうなぁ??。映画評論家だったんですが。。。。 KAZZが、映画好きになったのは..
Weblog: (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
Tracked: 2005-01-11 13:52

小森のおばちゃま死去
Excerpt: う"〜ん (T-T)/ … 1909年(明治42年)11月11日生まれの95歳! 「おばちゃまはね…」「モア・ベターよ」… (ノД`)ぁあ 御冥福を! ▼映画評論家の小森和子さん死去:asahi.co..
Weblog: ▼総長のblog(仮名) Ver.00.02β ▼ 湘南(爆)テニス族
Tracked: 2005-01-12 13:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。