2006年03月20日

さようならトリノ

 10日間の日程を終え、トリノ・パラリンピックが幕を
閉じた。
 最終日、アルペンスキーの女子回転座位に出場した
青木辰子選手が銅メダルを獲得した。これは青木選手に
とって長野大会の銀メダル以来8年ぶりのメダルであると
同時に、今大会で日本が得た9個目のメダル。
 一時はメダル数が二桁にとどくのでは、とも思われた
が最終的に青木選手が得たこの銅メダルで終了、日本
勢が得たメダルの総数は今回、9個となった。これは
1998年の長野パラリンピックの41個に次ぐ史上二番目の
好成績。オリンピックで不本意な成績に終わる競技が
多く、荒川選手の金一個という成績だっただけに、
パラリンピック日本代表の健闘が光った。
 その後、閉会式が開催され、国際パラリンピック
委員会(IPC)のフィリップ・クレーブン会長が閉会を
宣言、「あらゆる年代の観客が会場に詰め掛け、スポ
ーツに熱中した。パラリンピックの精神は皆さんの心に
生き続ける」と語りかけた。
 これで冬季史上最多の39ヵ国から477選手が参加した
大会も幕を閉じた。4年後、バンクーバーではどんな
新たな感動が待っているのか、今から楽しみである。
 さようなら、トリノ。そして感動をありがとう、
パラリンピック万歳!
























posted by よろず主人 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

日本、世界一へ!
Excerpt: WBC日本代表、世界一へ♪ 日本代表、キューバを破り、初代世界一に!!(スポーツナビ) 日本、WBC初代王者に…キューバ下す    野球の国・地域別対抗戦「ワール..
Weblog: 地球の日記☆マーク♪のblog☆
Tracked: 2006-03-21 15:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。