2006年04月17日

書評:ダ・ヴィンチ・コード

 微妙に今さら感もあるのだが、文庫化されたのをきっかけに
読んでみた。推理小説(ミステリィ)として見たときに結構、
ツッコミどころもあるのだが、なかなか楽しませてくれる力作で
ある。
続きを読む
posted by よろず主人 at 22:16| Comment(2) | TrackBack(9) | コミック・書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。