2006年02月13日

大惨敗

 トリノ五輪、スノーボードの男子ハーフパイプでは
日本勢の活躍が期待されたが、次々とずっこけ、4人
全員が予選を突破できないという、まさかの惨敗を
喫した。
 スノボワールドカップで2勝を挙げている国母さえも
1回目で手をつき、2回目では尻餅をつきそうになるほど
体勢を崩してしまい、23位に沈んだ。そのほかの日本
選手はは中井の14位が最高で、村上が22位、滑り出しが
妙にハイテンションだった成田童夢は35位。ちゃっちゃか
ちゃっちゃ、ちゃっちゃ〜ん♪てなもんである。
 正直、技術的なことはよくわからないのだが、ミスの
多さと同時に、世界のトップレベルとの差はやはり感じ
させられた。次回以降の巻き返しに期待、ということに
なるのだろうが、前途多難だろうなぁ、と感じた。



アフィリエイトはエーハチネット


飲む低分子ヒアルロン酸


モチモチ!自家製生パスタでいただく元祖シチリアの母の味!


誰にも言えない悩みの解消をサポートします。ビー・エイチ・ラボ



posted by よろず主人 at 01:30| Comment(2) | TrackBack(19) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。