2005年08月11日

真夏の名古屋決戦!虎には爪も牙もあるッ!

 2位、中日に0.5ゲーム差と迫られた阪神タイガース。9日
から敵地・名古屋に乗りこんでドラゴンズとの直接対決に
臨んだ。

 8月9日 その男、危険につき…

 決戦初日、阪神打線は苦手・山本昌を初回から攻略、最短
2回0/3でノックアウト。その後も攻撃の手をゆるめず、5回表
終了時で7対1とリードを奪っていた。こうなればさすがに
楽勝…でないといけないのだが…。
 なぜかあのお方が基本プレーをちゃんとできずに野選で
ランナーをため、ファーストゴロのベースカバーではちゃんと
トスを見ていないでエラー…手抜き病発症!たけしでなくても
放っておくと大変なことになりますよ、と言いたくなった場面
だが、岡田監督は放置。久々のどんでん采配に応え、大先生は
アレックスにスリーランを供給、1点差となる。一発病発症!
やはり名前の似ている人は似たことをやらかすのか…。
 結局同点に追いつかれたところで、最近、救援失敗が続いて
いる橋本を投入、もはやどんでんまでもが暴走したのか…。
 さらに橋本も暴投、鳥谷にまでタイムリーエラーが飛び出した。
その後も拙守博覧会を開催、五失策二暴投一捕逸のサービスぶり
で結果、11対7の敗戦。大量リードに甘え、ただ漫然とマウンドに
立っているとこういうことになりますよ、という見本のような
試合。さすがにここまで火がつけば大先生も反省してくれるで
しょう、マジメにやることの大切さに気づいてくれるでしょう、
とでも思わなけりゃやってられないが…多分、現実にはあんまり
何も感じてなさそうだったりするのだ。…今さら、メジャーも
とってくれそうにないしなぁ…。
続きを読む
posted by よろず主人 at 23:53| Comment(18) | TrackBack(84) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。