2005年07月12日

真打ちは後から来る

 7月12日、阪神vs.ヤクルト戦。
 ヤクルト先発はセ界防御率一位男、藤井秀悟。阪神の
先発はエース井川。こうなるとビリッと引き締まった
投手戦を予想するのが人情というものだが…。
 初回、赤星がヒットで出ると、シーツ、金本が連続で
歩き、一死満塁。ここで今岡は浅いセンターフライに倒れ、
ランナーを返すことができなかったが、スペンサーが
落ち着いてフォアボールを選び、まず押し出しの1点。
そして矢野が2点タイムリーで計3点。相手の乱調につけ
込んでいい感じで得点した。

続きを読む
posted by よろず主人 at 23:53| Comment(11) | TrackBack(92) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。