2005年06月25日

ファンが球場に入れてもいいのは風船だけだ

 6月25日、阪神vs.読売戦。
 初回から鳥谷のツーランで先制した阪神だが、直後の
2回、ブラウンが阿部にツーランを食らってすぐさま同点。
3回にはヒットのシーツを一塁に置いて金本がツーベース、
相手守備がもたつく間にシーツが生還、1点をリードする。
 しかし直後の4回、小久保を三振にとった後、高橋に
二塁打を皮切りにポコポコ打たれて2点を失ってしまう。
岡田監督、たまらずベンチを出てピッチャーを江草に交代、
その江草が清水をセカンドゴロにとって難を逃れたが、
この試合で初めてジャイアンツがリードを奪った。それに
してもブラウン投手、それなりのピッチングだったのに
味方が点をとったらすぐに失点するとは、新外国人だと
いうのに、どうしてこんなに虎投の伝統に忠実なのか…。
益山に始まって伊藤とか福家とか…ふと懐かしさもこみ
あげたりして…(苦笑)。
続きを読む
posted by よろず主人 at 23:43| Comment(11) | TrackBack(66) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無安打英雄

 6月24日、阪神vs.読売戦。
 阪神・下柳、読売・上原の両エースが先発、意地と意地が
ぶつかり合う好ゲームとなった。
 先手をとったのは阪神。初回、赤星、鳥谷が連続ヒット、
シーツが四球を選んで無死満塁。この好機に金本が2点タイ
ムリーツーベース、さらに一死後、桧山の犠牲フライでもう
1点、計3点を奪った。
続きを読む
posted by よろず主人 at 00:31| Comment(16) | TrackBack(79) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。