2005年05月15日

甲子園は男の桧舞台!演目はもうひとつの不死鳥伝説

 予想通り、阪神・能見、楽天・岩隈の先発で始まった
5月15日、阪神vs.楽天戦。初回、阪神は金本の適時二塁
打で1点を先制するが、楽天は4回、四球で出塁した高須を
一塁に置いて、磯部選手会長が逆転ツーランを放つ。
さらに5回には飯田のタイムリーで1点を追加、楽天が押せ
押せムードに。しかし能見は高須を三振、磯部フォアボール
のあと、トレーシーを入魂の直球で見逃し三振、最少失点で
切り抜ける。

続きを読む
posted by よろず主人 at 18:51| Comment(17) | TrackBack(87) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。